スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラセンタ100の成分が気になる | プラセンタ egf fgfとは?

最近、プラセンタ egf fgfという言葉で、コスメ類や
美容系のサプリが売られていますが、実際にどんな成分なのか
ご存知ない方も多いかと思います。


このプラセンタ egf fgf、とくにegfが
広く知れ渡ったのは、1980年代にアメリカの博士によって
ノーベル賞を受賞してから。


egfとは日本語では「表皮細胞増殖因子」。

簡単に説明すると、元々、egfは人間の体内にあるたんぱく質で
肌細胞がegfを受け取ると、それが信号となって
表皮細胞のDNA合成と細胞分裂が促進されるそうです。


fgfは「線維芽細胞増殖因子」というそうで、

egfと似ていますが、肌細胞がfgfを受け取った場合、
それが信号となって、より皮膚の深い部分の細胞増殖や分化誘導を
促すそうです
(コラーゲン生成やエラスチン生成、ヒアルロン酸生成など)




つまり、egfもfgfも肌細胞と結びつくことで、
細胞増殖を強力に促進させる指令を送ることができる訳です。



さらに、egfでノーベル賞を受賞した博士の「皮膚老化を抑制する方法」という
特許においては、egf、fgfをそれぞれ単独で摂取するよりも、
両方を同時に摂取したほうが相乗効果があるということもデータで示されています。



さて、そんな注目のegfとfgfを含有しているという
プラセンタ商品も多いのですが、実際はプラセンタを加工する際に、
egfとfgfが壊れてしまっているものもあるようです


壊れたegfとfgfには、当然ですが、
本来の働きを期待することができません


そこで、オススメする商品が、厳しい品質基準を満たした
施設で、独自の製法によりプラセンタのegf・fgfを
自然に含まれた状態で商品化
しているこちら

★高濃度100%のプラセンタ原末を使用のプラセンタ100



その他、プラセンタ100の成分は

プラセンタエキス(豚由来),食用油脂、DHA含有精製魚油、EPA含有精製魚油、
胡麻油、しそ油、ブドウ種子油、米胚芽油,大豆油、オリーブ油、
ゼラチン、グリセリン、抽出ビタミンE、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、
植物レシチン(大豆由来),ビタミンB2,ビタミンB1、ビタミンB12

となっています。



気になる方はまずは、安価なトライアルから
試してみてはいかがですか?

★高濃度100%のプラセンタ原末を使用のプラセンタ100



スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/10/21(日) 08:07:24|
  2. プラセンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。